POSを導入すれば顧客管理が断然楽になる

医療関係の仕事に就く

施術

現場経験と資格取得

整骨院を開業するには、まず柔道整復師の国家資格を取らなければなりません。しかし、柔道整復師の資格はあくまでスタートラインです。そこから独立・開業を目指すには、まず経験を積んでスキルアップを図る必要があるのです。柔道整復師のスキルアップの方法は、大きく2つあります。ひとつは、他の整骨院や病院などで働きながら現場経験を積んでいく方法です。なぜなら、学校で学んだ知識も、実践がなければ身にはつかないからです。この職業は直接人の身体に触れ、そこから不調を読み取って治療を施すので、実際の施術から学ぶことが最も多いのです。さらに、職場の内外で行われる勉強会や技術研修に積極的に参加してさらなる知識を深めれば、スキルアップの効率がぐんと上がります。また、患者さんとの関わり方、良い付き合い方を学ぶのも開業のための第一歩です。そしてもうひとつは、さらなる資格取得を目指すことです。近年では柔道整復師の資格に加え、鍼灸師の資格を取る人も増えています。鍼灸師も国家資格で、こちらは鍼やお灸を使って体の不調を取り除いていく職業です。これと柔道整復師の手技を合わせれば、患者さんの不調へのアプローチの幅がもっと広がるのです。ですから経験と知識、さらには別の資格でできることを増やせば、どんどん自分の選べる道もキャリアも広がっていきます。人の身体に対して幅広い対処ができる、治療方法の引き出しが多いというのは、開業する上で大きな強みなのです。開業する際には、資金調達や医療機器の選定、広報活動など支援してくれる団体があるので相談してみましょう。スムーズに開業できるよう、院内のレイアウトや申請手続きなど様々なアドバイスを得られるでしょう。