POSを導入すれば顧客管理が断然楽になる

海外進出を支援する会社

握手

仲介業者を利用して選ぶ

コスト削減や市場拡大のために東南アジアへ進出する企業が増えています。その中でも日本企業の進出先として人気なのがインドネシアです。親日国であり人口が多く、経済発展が続いているからです。しかし宗教や生活習慣などは日本とは異なるため、インドネシアに進出する場合はコンサルティング会社とパートナーを組む必要があります。インドネシアに進出する前の準備段階で、まずコンサルティング会社を選んでおきます。なぜかというとインドネシアにはネガティブリストというのがあって、外資が参入できない業種が決まっているからです。現地の事情に詳しいコンサルティング会社に相談すれば、進出できるかどうかがわかります。またネガティブリストに抵触する場合の対応策をコンサルティング会社が提案してくれます。インドネシアへの進出が盛んなので、多くのコンサルティング会社があります。その中から選ぶ時には、まずインターネットの比較サイトを見ます。多くのコンサルティング会社が一覧になっていますから、その中からインドネシアの会社設立に実績のあるコンサルティング会社を数社選びます。選んだ数社にコンサルティング業務についてのサービス内容とそれにかかる費用について見積もりを出してもらい、その中から選ぶようにします。この時にコンサルティング会社を選ぶためのサポートをしている業者を利用するという方法もあります。このような業者ではインドネシア進出に強いコンシェルジュがいて、パートナー選びのサポートをしてくれるのでとても便利です。